Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師としてロサンゼルス滞在中。生活の中でポロリと出た独り言を呟きます。

VISA取得までの道のり その1

私は今回、学生として渡米するので、VISAの種類はF-1VISAというものです。 

 
VISAの種類によって必要な書類は全然違うようなので、自分が必要なVISAはしっかりチェックしましょう😅💦
 
F-1VISAの申請にはI-20という受け入れ先から発行された書類が必要です。
I-20の発行にも各大学なり機関が定めた額の支払いが必要で、これが結構高い。
私は1200ドルくらいだったかな...( ;´Д`)
 
I-20をもらうために、財政証明をしなきゃいけないんです。1年間の授業料プラス生活費のざっくりした見積もりにマッチする額以上のお金が通帳に入っている必要があります。
通帳の額を銀行で証明書として発行してもらいます。
 
I-20申請書、財政証明書も郵送しろって書いてあったから、郵便局から郵送。
 
...
 
 
 
...
 
 
1ヶ月経ってもなんの返答もなし!( ;´Д`)
またかーい。
ってことで、学生課に連絡を取ると、
 
えー、そんなの届いてないよー。
 
どっかで聞いたな、このセリフ。
(TOEFLの点数送った時も言われた)
 
いや、絶対送ったし、3日くらいで届くはずなんだけど!!てゆーかもう面倒だから、PDFじゃダメなの?!
と聞いたところ、
 
いーよー*(^o^)/*
 
って、まじか。
先に言ってくれよ...
 
そこから、面接予約が必要だから急いでくれ!!ASAP!!!
と急かすと、以外とあっさり発行してくれた。早く言っときゃよかった( ;´Д`)
 
それから、VISAの申請に必要なDS-160を完成させるために必要なことが書いてあるからってことでPDFでとりあえずI-20を送ってもらう。
あ。SEVIS FEE 払ってね、と言われる。なんだかよくわからんが、言われた通りに大使館に200ドル。
 
I-20をもとにDS-160を完成させ、申請にまた200ドルくらいだったかな?かかった。
どんだけとるのよ、入国するだけなのに。
 
ちなみにDS-160は、コンピュータ上でパーソナルデータを登録していくものなのですが、全部登録するのに2時間くらい時間かかるよー、と前もって言われてました。いやいや、そんなにかからんでしょう。
となめてたら、やっぱりそれくらいかかりました。
途中で保存はできるので、分けて登録は可能です。でもその時は登録番号が必要なので、最初に写メなりメモなり忘れずに!!
 
DS-160の最後に写真が必要。
VISA規格の写真で、5×5cm。危うく、パスポートサイズを出すところでした。規格が違うから注意!
医局の皆さんが写真撮影から編集、印刷までしてくれたので(DS-160はデータで提出だけど、当日は印刷した写真を持参せねばならぬ)、無事にDS-160提出できました。
作業が面倒な人は写真屋さんに行くといいです。
 
それから、大使館に面接予約。やっとここまで来た〜って感じ(・・;)
あ、その時にも財政証明が必要なようなので、あらかじめ複数枚を銀行さんに作ってもらっといて正解でした💦
 
そんなこんなで来週面接に行ってきまーす!!
 


アメリカ留学 ブログランキングへ