Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

意見の仕方

出国してから、更新できずにあっという間に時間が過ぎてしましました。

しかし、毎日アクセス数があるのを見ると、やはりちょっとうれしいものですね。

今日は久しぶりなのですが、

 

お題は…アメリカでの考え方。

 

 

アメリカで大きな悩みを持った時、とても驚いたこと。

日本人の友達に同じことを相談した時とこちらの友達(国籍多数、日本人以外)ではまったく違う答えが帰ってくるのです。

 

大きく分けて違いが二つ。

アメリカでは…

  • こっちが相談してるのにあっちがたくさん喋る
  • 意見をズバっと言う

 

ってこと。

  • こっちが相談してるのにあっちがたくさん喋る

今まで気づかなかったけど日本人って、相談者が話し終わるまで結構じっと待つなーって。途中で言いたいことがあっても、まずは最後まで聞く人が多いです。しかし、アメリカでは、もう思った時にすぐ意見を挟んでくる。

 

これは、講義中とかでもそうですよね。日本の学校や講演会ではとりあえず最後まで聞いて、後で質問タイムを作る。一方アメリカでは先生が話していようと、数枚前のスライドの質問をまったく区切りのないところで入れてくる。

 

どちらがいい、と言いたいのではなく、どちらにも対応が必要です。特に自分が相談したい時は相手がせっかく意見を言ってくれてるから、アドバイスが終わるまで待とう、なんて思ってたらダメ。話を遮ってでも、先に言いたいことは言わなくちゃです。

 

こっちに来てから気づきました。あー、もっと大きい声で話さないとダメだな、って。日本では思ったことなかったけど。ネイティブに囲まれて生活しているうちに、少しでも『私、今話してるの!』アピールをしないと、聞いてもらえません。もちろん、一対一の時の話ではなく、複数人との雑談の時とか。

 

 

  • 意見をズバっと言う

 友達の母国の実家に強盗が入った時のこと。異国から来ていた彼女は一人残してきた母が怖かっただろうと、自分がそこに一緒にいてあげられなかったことに対して泣いていて。近くのお兄さんが駆けつけて警察の手配などはしてくれたようなのですが、自分もいま一杯一杯ではあるけれど、いますぐ行ってあげたいと泣いていて。

 

そんな時、日本人の私は、彼女に、『大丈夫?一度家に帰って家族の顔を見てきたら?』

と声をかけようかと思っていた矢先に、

アメリカの友達は、

『誰も怪我もしてないし、みんな無事なんでしょ、あなたが帰ったところで何かできるわけじゃないし、あなたがすべきことはここにある。それをするためにお母さんを置いてきたのに、それを振り払ってお母さんに会いに行っても何も生まれないよ。自分のできる最大限を考えて。さあ、ちょっとジムでも行ってリフレッシュして来なよ。』と。

 

なんかもう、目から鱗でした。そりゃそうだ、と。顔を見れば安心するでしょ、と思った私よりも、この、自分のやることもいっぱい、さらに帰国して自分を追い込んでしまうことを心配した、友達思いの一言だなあと感心。

 

 

 

  

また、恋人との今後の関係を相談した時のこと。日本人の私は、まあいいところもあるんだったらゆっくり考えればいいんじゃない?早く答えを出す必要はないよ。一度考えるのをやめてみたら?と。かなり曖昧な回答を。これはこれで必要なことだとは思ってます。

 

 一方、アメリカの方々は…で、彼のこと好きなの?一緒にいて幸せなの?という質問に、長く一緒にいるから兄弟みたいな感じで愛してると思う。という答え。じゃあ、彼と付き合ってる間に一度でも他のこといいなって思ったことある?まあ、ある…かな。はい、終わり!あなたは彼のこと愛してない!兄弟見たいな男なら他にいるでしょ!

…みたいな。うん、なんか納得。笑

    

そして、男は弱いし変えようと思っても変わらないのよ。だから女の自分がどんな人間なのか、どんなことを幸せと考えるのかをよく考えて。という人生論まで。深い…。

 

 

面白いのは、ここでいうアメリカの友達、というのが、必ずしも、アメリカ人、ではないこと。中東、南米、アジアなどと様々な国から来ています。日本人は、和の調和を美とする。それはとっても素晴らしいこと。しかし、それはここでは通用しない、とひしひしと感じています。

 

実際私も、あなたは、どう思うの?と聞かれた時に、しっかり答えは持ってたのですが、ちょっと言いづらい内容だったので、「うーん、わかんないんだよねー」と受け流そうとしたところ、おそらく私の気持ちを悟った友人が、「わかんないって何、ここはアメリカであなたは人間だよ。ちゃんと言葉にして。」と言われ、はっとしました。

 

そんなこんなであっという間に3か月弱が経過してしまいましたが、ネタはたくさん揃ってきたので、少しずつ書いていきたいな、と思っています。