Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

英語勉強法 文法編

こんにちは

 

 

今日は英語学習について語りたいと思います。

語れるほどのものではないのですが…

 

私は今回が初めての留学です。

そのため、英語はほぼ独学で学びました。

英会話教室的なものは、小さい時に各国ネイティブの先生と歌を歌ったり、トランプしたりする教室に行った以外は通ったことがありません。

あとは、受験英語のための塾には行きました。

まあ、いたって普通、の英語経歴ですね。

 

しかし、留学のスタートとしては、すこーし一般の留学生に比べると良いスタートを切っていると思います。

渡米初日からネイティブルームメートと問題なく数時間、語り合える程度の語学力はありました。留学2か月後には、90分枠で初診患者さんの問診をとっていました(医療面接スキルは置いといて、90分間初対面の人と会話出来ました)。

 

アメリカ人の友人にも、どうやって英語覚えたの?

と、聞かれるのですがなかなかこれに回答するのは難しいんです。

 

何をやった…??

うーん、なんでもやった、というしかないかな。

 

なんでもやった、というのはもう本当に参考書やら教材やら、自分に合いそうなものを片っ端からトライした、という意味です。

 

その中で、自分が特に役立ったものを少し紹介していきたいと思います。

もともと、理系のくせに文系脳の私は国語、英語が得意でした。

死ぬほどやってもできない数学に比べ、死ぬ気にならずにこなせる科目、的なポジションです。得意というよりは、勉強することが苦ではなかった、と言いましょうか。

 

そこで、独学でなんとかなった私からみなさんに朗報!!

英語は独学でなんとでもなります!

やる気があれば!!

 

そうそう、やる気ね、大事なの。

みんな英語できるようになりたい、とか言って、全然継続しないからね。

偉そうに言ってる私は英語以外で継続してできたものってないけどね。笑

 

まずは、毎日英語に触れる事。

なんでもいいから、絶対毎日。

習慣づける事が大事です。

これさえできれば、世の中に英語の教材なんて溢れかえってるんだから、なんでもオッケー。

とにかく

毎日

触れる事。これだけです。

 

 

さて、前置きがかなり長くなったけど、ここいらで本題に。

今日は文法について話します。

 

いきなり文法かよーと思ったそこのあなた。

文法、っていうと響きが悪いですが、結局文法って、

どうやって文章を組み立てるかのフォーマット

なんですよね。

 

文法さえ知ってしまえば、あとは単語を入れ替えるだけなんです。

This is a pen 

ってフォーマットを覚えてしまえば、

This is an appleでも、なんでも作れます。

長い文章だって...

This is kind of something I wanted for a long time 

(これは長い間私が欲しかったものに近いわね(意訳))

ほらね、this is っていう主語と動詞の後に何かしらつけて文章作るんですよ。

もっと詳しいことを言うと、

This is kind of something (which) I wanted for a long time 

隠れたwhichで繋がれた二つの主語と動詞を持つ文章なだけ。

 

かなりざっくりと文法の重要性を話させてもらいましたが、じゃあ何をやればいいのかって。

中学英語の文法のおさらいです。

(できれば高校も)

しかし、受験するわけじゃないので、詳しい重箱の隅をつついたような知識は現時点ではいらないでしょう。

だから分厚い文法書よりも、簡単に復習できそうなタイトルの本を一冊買ってさらっとやりましょう!

さらっとでいいです。

(その人のレベルにもよると思いますが)

一度むかーし学校で習ったことなので、そんなのあったな、と思い出せればオッケーです。

 

現在形、過去形、未来形…と聞くと頭が痛くなるかもしれませんが、イケメンアメリカ人を前に、明日の予定を聞くために未来形と疑問文を復習する、と実践的なシチェーションを想定するとやる気になります。

この妄想大事。

受験英語でないなら、実践英語。

ただひたすら机に向かってやるよりも、これが言えればセクシーアメリカンガールとあんな会話、こんな会話ができる、という夢を膨らませるのです!

 

 

学習が進むにつれて、こんなこと言いたいのに、どういう風に言えばいいの?って思った時にその本に戻って、ああ、このタイプのフォーマットに埋め込めばいいのね、と思い出せればオッケーです。

 

 

教材はなんでもオッケーで人それぞれ合う、合わないがあるので、いろいろためしてみることをお勧めします。

個人的には、英語を勉強する時に日本語を介して学習することが良しと思えないので、英語で書かれている本をお勧めしますが、

そんなハードル高いこと言われても…

やる気を削がれるだけです…

という人も多いだろうから、とにかく最初は自分がやる気になれそうなものからスタートしましょう。

継続する癖をつけることが第一。

 

そして、声に出して勉強すること!

文法書もしっかり音読しましょう。

そのためCDは必須!!聞こえてきた音をそのまま耳コピしましょう。

その後のリスニング、スピーキングの練習につながります。

最近の教材はほとんどがCDついてるよね。助かるわー。

 

CDとりだすのめんどいよね、とか言ってないで、これだけは本当絶対お勧めします。

文法だろうがリーディングだろうが単語だろうが、絶対音を聞きながらやること。

初心者であればあるほど、耳を作り直せる、英語の音の概念をくつがえせるチャンスなので絶対活用してください!

 

 

そんなこんなで、まずはさらっと復習英文法!

をやってみましょう!Good luck!!

 

 

have a good day!!