Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

米国版JAF -車のトラブル対策-

こんにちは

 

 先日、ロバートとスーパーに行ったときのこと。夜10:30頃。

ちょっと込み入った話をしていた私たち。

話に集中していたロバートは車の鍵を車から抜かず、再度の手押しのロックボタンを押して車を降りました。

ドアを閉めた瞬間、

 

あ…!!

 

叫ぶ彼。

え、なに、どうしたの?

 

ドア…しめちゃった…

鍵、車の中…

 

 

ええーーーーーー

 

 

とりあえず、買い物を済ませ、その間に車のスペアキーを持っている友人に連絡する彼。

しかし、友人からはノーレスポンス。

 

仕方ない。トリプルAを呼ぼう、と言い出す彼。

 

なんじゃそりゃ、あのアイドル、呼んだら来てくれるの…??

じゃあなくて。

 

AAA

とは、日本で言うところのJAFなんですね。

例えば、車のタイヤがパンクした!時や、バッテリー上がっちゃった!!

時なんかに電話すると飛んで来てくれるサービスです。

知らなかった!

 

会員登録をしておけば年に何回かまでは多くのサービスを無料でやってくれるようです。

 

 

さて、電話をしよう。

となった時、ロバートは、

「僕が電話するより、女の子の君が電話してくれた方がいいね。夜に一人で待たせるの危ないのわかってるからきっと早く来てくれるよ。

ただ、名前と個人情報はテキトーなこと言ってね。

ID見せてって言われるとは思うけど、車の中にあるって言っとけばいいから。」

 

と。

なるほど。

 

そこで、彼のケータイから電話をかける。

すぐに電話に出た女の人が、今いる場所を聞いてきた。

あらかじめ準備しておいた現在地の住所と架空の名前を教える。

 

車の車種と色を聞かれる。

(なぜか、車のナンバーは聞かれない)

 

「it’s mad green, hummer」

(ここは嘘つけない。笑)

 

心配しないでください、そんなにたくさん英語を話す必要はありません。

 

そして、後でID見せてね、って言われました。

 

はーい、と答えると、到着予定時刻を教えてくれ、通話終了。

 

 

そして待つ事30分。

やって来てくれました!
トラックに色々ツールを詰んだおじさんが!!

 

ロバートの車、ハマーは戦車に使われるかなーり巨大な車。

こんなん開けられるんかい、という私の不安もよそに、サクッ車に傷一つつける事なく、5分ほどで車を開けてくれました。

カッケー!!!

 

おじさんの様子をビデオに撮りたがる彼。

や、普通に考えてダメでしょ、聞いたほうがいいよ、と私が言うと、

会話が聞こえていたおじさんは、

そうなんだよー、これは撮らないでねー、と。

 

なんで、撮っちゃいけないって知ってたの?!
こういう仕事した事あるの!?

と興奮する彼。

あるわけあるか。

 

なんで、なんで!?と問いただす彼に、

犯罪につながるから、子供が真似すると困るから、企業秘密だから、とテキトーに返答したけど、改めて聞かれると、なんでダメなんだ??

いや、でもなんか、ダメだよね??

 

 

 

結局、IDは見せる必要なく、終わりました。

きっと、私が女子だったからかも。

深夜に、男一人で待ってたら、ID見せてから作業にかかられるかもしれませんね。

 

 

てゆうか、会員制なのに、会員である証拠、とか全く聞かれなかった上に、テキトーな日本人の名前名乗ったので、間違いなく会員ではないのに、無料でやってくれた。

なんてテキトー!!

 

私の推測では、ロバートも会員ではないきがする…

 

ということで、アメリカでガス欠!

パンク!!バッテリー!!私のようにロックアウトされた!!など困ったことがあったら、とりあえず、会員じゃあなくても助けてくれるという実証が得られたので(こんなこと言っちゃっていいのかな。笑)、電話で助けを呼ぶことをお勧めします!!

 

ちなみに24時間対応です!!素敵!!

 

 

 

ぜひ、困った時に思い出してくださいねー!

 

 

でーは

Have a great day