Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

APDSA アジア歯科学生会議の思い出

なーんか思い立ってmixi開いてみました。

何年ぶりだろう…

 

2010年に書いていた記事がちょっと興味深かったんで(自分で書いたんだけど…)、一部紹介。

 

当時、私は大学4年。

まだ臨床実習すら始まっていない、歯科医師の卵の卵だった頃。

 

以下、自分の過去日記より。(一部解説を加えながら書き直しています)

 


Asia Pacific Dental student associationのcongressが今年は日本で行われました。 

これは、毎年行われているアジア圏の歯科学生の交流会のようなものです。

大会が始まる直前に、うちの大学を日本の病院紹介として使うから、全診療科の説明文を英訳してきて!明後日まで!! 各科の先生たちが使うから、しっかりやってきてね!

と無茶振り。

え…自分の話す文章くらい自分で考えてくれよ。

なんでこんなしがない下級の学生にやらせんのさ…

 

そんなこんなで始まったこの大会。

書きたいことはたくさんあるけど、特に印象深かった、日本とアジア圏の歯科学生の違いをメインに書いていこうと思います!! 


①男女比について 

初日、新宿から箱根までインドネシア人を30人連れて行きました。 
この時点で、日本の歯学部生との相違点に気付く。 

明らかに女性の割合が高い!! 
尋ねてみたところ、彼らの大学(イスラム教立大学)での歯学部の男女比は男性10人に対して、女性100人だとか。 

ある人いわく、これといった理由は分からないけど、歯科医師、この類の仕事は女性のものよ、とのこと。 

またある人いわく、歯学部の学生に政府が補助金くれるから、女性が多いんだよ、とのこと。 
(この理由は補助金がある学校に女性が集まる=女性の就学率は悪いことを前提としてますね。 )

または、宗教上の理由で男性が女性に触れることは制限がかかる場合があるから、体に触れる必要がある歯科医療は女性の仕事、である。とのこと。 


なるほど。 


ちなみに、インドネシアのみならず、他の国でも女性の参加者のほうが多く感じたため、何カ国の人かに尋ねました。 


一番仲良くなった、友人(from Taiwan) いわく、台湾では、実際の歯学部の男女比は5:3くらいで男子学生のほうが多いけど、こういう企画に積極的に参加するのは、女生徒の方が多いとのこと。 


草食系男子の存在は今やインターナショナルみたいです。笑 




②物価について 
日本人はリッチすぎるよーと騒ぐアジア人たち。 
同じ班のマレーシア出身の子と物価の話になり、 

じゃあさー、皿洗い一時間したらいくらもらえる?? 
って聞くと、彼女の答えは「20円くらいかな」と。 

日本は都内ならおそらく800円くらいだと告げた時、彼女は即効日本に移り住みたいと言い出しました。うん、40倍も違ったらそう思うよね、確かに。笑 

ただ、日本もマレーシアもどっちかに住んでしまえば支出と収入の割合はそんなに変わらないし、日本は今不景気だから仕事あんまないし、というと、やっぱりマレーシアでいいや。と落ち着きました。 

おそらく、それだけの物価の違いがありつつも、日本に来れている彼らはその町じゃ有名なくらいの富裕層だろうなー。 

 

しかし、歯科医師としてする仕事の値段はどうも変わらないようなのです。

マレーシアで被せ物1本8万円。(日本でも自費だとこれくらいかな)

一般的な物価から考えたら、これは衝撃的…

逆に私がマレーシアに移り住みたいわ。




③言語について 

日本人が英語に苦手意識を持っているのは言わずと知れたことですが、 

意外にも、韓国にも英語苦手な子が結構いました。 
(日本以外のアジア諸国と比べるとってことで、話せないわけでは決してない。) 

中国勢も中には苦手な子もいました。 
(中国ってひとまとめにするのはタブーなんですね。無知な私、失態をおかしました…。台湾、香港、中国、彼らはみんな別だと思っています。) 


マレーシア、フィジーあたりが一番流暢だったかも。 


インドネシアは方言がひどい子は何言ってるのかほとんど聞き取れない子もいて、 
一度、きれいな英語をしゃべるインドネシアの子に通訳してもらったりしました。 


ちなみに、海外の歯学部は日本の歯学部よりも、ずっと入学するの難しいので(医学部よりも歯学部の方が難しいのが大抵)、各国のトップレベルの教育を受けてきた子たちの英語力、ということになります。 


英語に集中してたおかげで、3日目くらいからは、日本語を音として認識できるようになりましたが、(普段なら、言語を聞くと同時に意味が頭に入ってしまうけど、単なる音として耳に入ってくる感じ) 

やっぱり日本語はアジア語なんだなって感じました。 

英語やフランス語って流れるようで、角がない音に聞こえるけど、 
日本語は他のアジアの言葉と同じで、歯切れがよくて、強い感じがしました。 

なんていうのかな、北朝鮮のニュースのアナウンサーを思い出してもらえば、分かるかな?(極端だけど)それはアジアの音です。 
欧米とアジアの音の違いって意味はそんなイメージ。 




④帰属性 

日本人ってホント、日本のことあんまり知らない。 
あたしも日本史なんて、中学校の時しかやってないし、あとは新撰組ファンとして幕末史しか知らない。 

だけど、他国の人たちは自国の帰属性が強く、自国の歴史知らないなんてモグリでしょ、くらいの勢いでした。 

友人が中国には4つの言語がある所以を大陸創造レベルから説明してくれたのに、ホストの自分は日本の事を何にも知らないことをすごく恥ずかしく思いました。 


韓国の子たちは若干年上が多く、なんで?? 
って言ったら、徴兵制のせいでした。 
21から25歳までの間に2年間軍隊にはいらなきゃいけないから、大学生くらいで若干ずれるらしいです。 

自国は自分で守らなきゃ、と言う彼らは自衛隊しか持たず、なんかあったらアメリカ助けてくれんだろーって思う日本人とは明らかに愛国心が違いました。 




⑤宗教 
大会中、イスラム教におけるラマダンにぶつかっていて、日本のホテルでの食事は大変そうでした。 

夕飯は18:30以降なら一緒に食べれるけど、出来れば朝ご飯は3時か4時に食べたい、といわれましたが、日本のホテルがそんな時間に朝ご飯を用意してくれるシステムな訳はなく。 

しばらくおなかをすかせさせてしまった日もありました。 

うちの斑には、三種類の宗教の子がいたため、鳥、豚、牛、それぞれがだめで、ホテルの和食のお肉チェックは欠かせませんでした。 

膳に乗った和食って、日本人の私たちでも、食べてみるまで肉なのか魚なのか分からなかったりするけど、彼らはみんな敏感で。 

あたしが、これ豚だからねー。これ牛だからねーってそれぞれに伝えに行く前に、これ豚でしょ!!って見た目で分かるの!! 


自由時間に友人とサイゼでご飯食べてると、たまたまそこで遭遇した別の子に呼ばれ、これは何の肉だか料理長にきいてきてくれ!!との要請。×5人。笑 

他の日本人も何人も同じことお願いされてました。 


サイゼ側も困って、25時閉店のはずの店なのに、23時過ぎには一斉にラストオーダーさせられ、追い出しかけられました。笑 





 

以上。

日記より抜粋でした。

 

 

この頃から、留学したいなーって考え始めたんだったなー。

海外の歯学部生のハングリー精神に圧倒されて、すごく勉強頑張ろう、って思えた夏だったことを今でも覚えています。

 

この時は日本がホストだったため、私が慣れないながらグループリーダーとしてみんなを引率して。ダメダメだったけど、すごく日本楽しかった!って言ってくれたことがめちゃくちゃ嬉しかったな。

 

今でも、当時の仲間とは仲良しです。

いい思い出。

 

あれから7年も経ってるなんて…

この頃は自分が日本から遠く離れたこんなところに来ているなんて、想像もしてなかったな。

 

てか、mixiってブログだったよね。

あの頃、友達がみんな文章書いてて楽しかったな。

facebookやインスタも今楽しんではいるけど、やっぱ、私は文章が好きです。

書くのも読むのも。昔から。

作家になりたいなーなんて、思ってた頃もあったな。

懐かし。

 

 

では、皆さん

 

Have a great day...