Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

英語のトーンと日本語のトーン

こんにちはー

 

 

カリフォルニアはなんだかここのところ肌寒い日が続いております。

 

 

ふとロバートが、

「日本人って、日本語話すとき無感情に話すよね」

っつぶやきました。

 

おお、日本人はアメリカ人がいちいち大げさに話すよね、って思ってるのと同じで、向こうもやっぱり逆のこと思っているんですね。

 

以前書いたこの記事、「バイリンガルは二重人格なのか」

 

 

www.losangels.link

 

で紹介した通り、アメリカ人風、の話し方を帰ることで、患者さんとよりスムーズにコミュニケーションを取れることを学んでからは、

wow!! アメイジング!!

 

ではなくて、

 

wow!!!!アメイジーーーーング!!!!

的な表現(いや、実際にこういうアクセントにしてるわけじゃなくて、テンション的に伝わりやすく書いてみただけですよ?笑)

をするようにしています。

 

私の話し方は、トーンが明るいから、たまに変な英語話してても、好意的なことが相手に伝わるから大丈夫、とロバートに言われます。笑

 

私は、よく、レクチャー受けるときに、シャドウイングをします。

シャドウイングっていうのは、英語の上達技法としてもよく知られている方法で、誰かが話したことをそのまま繰り返すこと。

もちろんレクチャー中なので声は出さずに、口だけ動かします。

これは、英語の勉強目的じゃなくて、単純にこれをやったほうが、内容が頭に入るからやっているんですけど、結果的に、話し方が上達している気がします。

 

英語力、じゃなくて、英語的な表現力の上達です。

 

 

私は、日本語でも感情的に話す(相手によっては)タイプですが、妹と電話しているときに、ロバートが

「ホワイトの女の子みたいな話し方するね」

と。

 

は?どういうこと??

と聞くと、んー、なんとなくそう思っただけで、詳しく聞かれると答えられない…と。

多分、感情表現豊かなんだけど、妹相手だから気を使わずにハキハキ話さず(アジアの音は音が強いですよね)気だるそうに話していたのがそう聞こえたのかな?笑

 

 

私の友人の中には何人も、バイリンガルがいます。お母さんがアメリカ人だけど日本で育った、とか。

そのうち、mother tongueが英語でsecondが日本語の友人の場合、日本語の話し方が、なんか違和感あるんですよね。

 

アクセントもバッチリ、話している内容は全く問題なくても。

 

なんだか、演技でもしているように聞こえる。

 

多分、日本語なのに、英語のようなトーンで、感情豊かに話すからなんだろうなってことに最近気がつきました。

 

うーん、他の国の言葉って、どういう違いがあるんだろう。

きっと、淡々と話すインド人の言葉(インドの言葉たくさんありすぎてよくわからんが)は、日本語のトーンに近いんじゃあないかなー??

 

 

なーんて考える昼下がり。

日本人って無感情な話し方だよね、って言われたことがちょっとショックだったので、アメリカ人にはそう聞こえてるっぽいぞー!ということをシェアしたくて書いておきました。笑

 

 

んでは!

 

Have a great day!!