Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

人種によってファンデーションの色は違う(当たり前だけど)

こんにちはー

 

 

最近新しいファンデーションを買ったんだけど、これがなかなかいい!

 

まぁ、私がどんな化粧品使ってるかなんて、どうでもよくて。でもせっかくだから、おしゃれファッションブロガーみたいなことやって見たいので写真載せてみる。笑

 

はい!

 

f:id:azu-ryugaku:20170521204835j:image

 

んで、今日話したいのは、こっちきて化粧品コーナーに初めて行った時に受けた衝撃。

 

"茶色のファンデーションがある!"

 

...いや、当たり前なんですけどね。肌の色のバリエーションがあるんだから、そりゃーファンデーションのバリエーションもなくっちゃね。

 

f:id:azu-ryugaku:20170521205215p:image

 

ただどうも日本では見慣れない風景だったので、なんか感動して!

 

わーお!と思って、とりあえず茶色の色を少し腕に試して見たことを覚えています。

 

日本でも、ガングロとか流行ってた時期あるし、探せばあるんだろうけど、あんまり目につくところには置いてないよね。

 

この間、緊急で薬局で慌ててファンデーション購入しようとしたら、カラーバリエーションが、五段階くらいしかなくて。

日本なら、五段階じゃ多い方かもしれないけど、この国ではかなり少なく、とりあえず、一番肌に近い、一番白いファンデーションを選びました。

 

もう、これがダメダメで。

明度は合ってるんだけど、彩度が合わない。

日本人の肌は、明るいんだけど、やはり黄色人種、黄色味が入るんですよね。

 

五段階程度じゃそれを再現してはくれなくて。結局、その日だけ使って終わりになってしまいました。

 

 

肌の色の違いはメラニン色素の量の違い。

メラニン色素とは、表皮の最下層にある、メラノサイトという色素細胞が作る色素のこと。

 

これが多いと肌の色が黒く、少ないと白くなるんですねー。

 

メラニン色素の役割は紫外線から細胞内のDNAを守ること!

 だから、白人の方が黒人に比べて皮膚ガンになりやすいみたい。

 

皮膚ガンナンバーワンは、オーストラリアだとか。

 

日本では10万人中1.5〜2人の割合で皮膚ガンになる一方。

 

オーストラリアでは10万人中40人。

 

ひょえー

 

 それってこのままいったら、遠い遠い将来、オーストラリア人は黒人に近い肌の色になっていくんじゃないか?!生き残るために。もしくは、生き残っていくのが黒めの人たちになる?!

ってそれは考えすぎ?

あ、ていうか、オーストラリアの先住民。アボリジニの人たちは黒いよね。

うーん、歴史知らないと良くわかんないですね。

今度調べよー。

 

 

そんなこんなで、しっかり肌の合うファンデーションの色に巡り会えてハッピーでした!

 

 

Have a beautiful day!!