Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

the 5 language of love

 

こんにちは

 

みなさん、この本知ってますかー??

the 5 language of love

っていう本です。

これは原作なんだけど、日本語の本も出ていて、邦題は「愛を伝える5つの方法」。

 

f:id:azu-ryugaku:20170608135855j:plain

 

アメリカに来てから一番私のお世話をしてくれている友人から紹介された本です。

この本を読んだことで、今まで自分に何が足りなかったのかがはっきりと分かり、頭がスッキリしました。

 

私が、約一年前に大きな選択をしようか迷っている時に、彼女が、「まずは自分のことをしっかり知りなさい、自分が何を求めているのかわからないのに、相手に要求することはできないし、適切な相手を探すことも出来ないのだから。」と。

 

確かに、この本を読むまでは、自分のことを全く知らなかったなーと思うんですよね。自分を知らずに、数十年生きてしまったこと、なんで今までこんな大事なことについて考えてこなかったのだろう!と後悔の念に駆られました。

 

この本に寄ると、愛を伝える手段は5つの方法がある。

  1. Words of Affirmation「肯定的な言葉」=言葉で伝える愛

  2. Quality Time「クオリティ・タイム」=2人の時間を過ごすことで伝える愛

  3. Receiving Gifts「贈り物」=プレゼントを贈ることで伝える愛

  4. Acts of Service「サービス行為」=家事を手伝うなどで伝える愛

  5. Physical Touch「身体的なタッチ」=ボディタッチで伝える愛

この5つのうちに、パートナーの片方がある方法で愛を伝え、片方は違う方法で愛を伝えた場合、お互いに満足することはない、という話。

例えば、サービス行為で愛を伝える彼氏に、2人の時間を過ごすことで愛を伝えることを求める彼女は、おそらく不満を持つでしょう。

 

たまにしか会わないのに久しぶりにうちに来てくれたと思ったら、うちの家事ばっかりし始めて、なんで私とゆっくり話もしてくれないのよ、と。

一方彼氏は、たまにしか会わないんだから、彼女をゆっくりさせてあげようと料理をしたり、掃除をしたりしてあげるわけですね。

 

 

だから、パートナーは、同じ愛の言語を話す人じゃないとすれ違いが起きるのです。

もしくは、しっかり自分の望む形を伝えて、それに答えてもらうようにしなければなりません。

 

というのが、ざっくりした内容。

 

 

これを読んだ後、あぁ、なるほどね!

なんで今まで上手くいかなかったのかわかったわ!!と悟りが開けました。

 

それぞれ、求めるものは違うので、パートナーとマッチしない場合もあるでしょう。

でも、たとえ自分第一言語(愛を伝える手段)と相手の第一言語とが違っていても、意味が理解できれば、つまりそれが愛情表現である、と分かれば問題はぐっと減るでしょう。

 

また、相手の愛情表現の仕方が相手が欲しい愛情表現です。

日本人の私たち、言わなくてもわかるでしょ、

と言うスタンスが強いですが、しっかりどの言語を話しているのか、相手に伝えるべきですね。

 

 

この間、イタリア人の友人が女性に花あげるのなんてもう古いよ。俺の彼女、花あげるとき嫌な顔するもん。世話しなきゃいけないし、いつか枯れちゃうから嫌だって。

 

と。

 

私は花をもらうのってすごく嬉しいです。

花が好きなわけじゃない。世話も確かに正直面倒。

でも、今まで花をくれた人たちから悪意を感じたことは一度もありません。

行為や感謝、愛情の表現の仕方として花を贈ってくれたんだな、と伝わってくるから。

 

 

つまり、自分の望んでいない形の愛情表現でも、それが愛情表現である、と認識している以上はなんとかなる、ということを感じています。

 

 

そーんなことを考えさせてくれた友人に感謝!!

 

ちなみに、日本の友人にこの話をすると、みんななるほどねぇー!という反応。

あまり自分の第一言語を意識したことがない人が多いみたい。

 

アメリカ人の友人にインタビューしたところ、いや、そんなん当たり前に知ってるでしょ。え、今まで考えたことなかったってマジ?じゃあどうやって自分が愛情表現して来たか分からないの?

すごいね!!日本人!!それでも心がつながるなんて、エスパー!!

 

と言われました。

エスパー...

確かに。

 

 

 

なーんて、今日はちょっと偉そうな語りをしたけど、まだまだひよっこの私は、”認識”という第一段階に達したところです。

 

これから、もっと表現豊かな人間になっていきたいな。

なーんて考えるアラサー女子です。

 

なんでこんなことを語り出したかって、これを紹介してくれた友人が来週故郷に帰ってしまうのです...

 

私の人生において間違いなく大きな影響を与えてくれた友人です。

私よりずっと年上の彼女、彼女の生き方、考え方、全てが私を大きく変えてくれました。

こんなに信頼できる友人が異国で出来るとは思ってなかった。

 

あー、さみしー!!!

 

ということで感謝を込めて...

また遊びに行くからねー!!!❤︎❤︎❤︎

 

 

ではみなさん!

Have a great day!!