Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

日本語/英語の発声方法

こんにちはー!

最近スローなブログになってきていますが、毎日アクセス数がそれなりにあるのを見ると、なんか書かなきゃ、って気になるので頑張ってちょこちょこ書きます!!

 

今日は最近発見した

”大事なこと”!!

 

 

今まで、英語に関して半分できていたけど半分できていなかったことがあるんです。

これは意識しないとなかなかできるようにならないこと。

それは、発声の仕方。

日本語と英語って発声方法が違うんですね。

 

日本人に比べてアメリカ人って、太くてこもった声で話すと思いませんか??

トーンが低いというか…。

前からそれは気付いていたし、実際自分が英語話すときって日本語話すときよりも声低くなるよなーとなんとなく感じてはいました。

 

また、逆にアメリカ人が日本語話すときって、独特のアクセントありますよね。

なんか、ショーンkが日本語話すときみたいな声で話しません??笑

 

アメリカ人の同期の友達と橋本病(甲状腺の病気)の話をしていたときのこと。橋本病は英語で”hashimoto" です。

彼女がハシモト、ハシモト、って英語で言うのがなんか面白くて、家に帰って彼女のアクセント真似してみたんですね。

そのまま他の日本語を話すと、なんかアメリカンアクセント(アメリカ人が日本語を話しているような)で日本語が話せて(いる気がして) 面白いから一日中それやってたら閃いたんです。

あ、これが、彼らの発声方法か、と。

 

 

そこで気付いたこと。アメリカ人が言葉を話すときは

英語を話すときは喉を開く!みたいです。

 

日本語の音って、喉を使うことってあんまりない。

はひふへほ

は少し使うかな?

一つ一つの音を出すときに、喉をいちいち締めないと日本語の音って作れないんですよね。

普段はもちろん意識して話していないけど。

 

そこで、喉を開いて英語を話すようにしました。

すると!

なんか今まで言えなかった単語が言えるようになったんですよ!!

 

言えなかった、と言うのは、なんか違うんだよね、私の音、と思っていた音たち。

例えば、walk, tolk, warmなど。

これらは発音記号でいうɔːの音。

私のお気に入りアプリに言わせると、

この音を作るには

make the back of your tongue tense and produce a voiceとのこと。

舌の後ろのきんちょーってなんじゃい、と思ってました。

 

また、私がロバートに、walk,talkの発音の指導を仰いだところ、

もっと顎リラックスさせて!

とのこと。なんじゃいそりゃ、と思ってました。

 

 

あー、喉を開くって全部これらのこと言っていたのね!!

と道が拓けた瞬間でした。

 

 

 

さて、一体喉を開くってどうすんのよ、って思うと思うので、いくつかのサイトから方法を抜粋してみました。引用させていただきます。

(今回、何気に自分で閃いた気分になってましたが、やはりちゃんと知られていることなんですね。

なんでガッコで教えてくれないんだろ。こう言うこと。)

 

 

”日本語を話したら分かるように、

日本語では語尾で喉を閉じます。

それによって音がフラットに安定するのです。

なので英語の発音となっても、

日本人の多くは単語ごとに喉を閉じたりしてしまいます。

では語尾で喉を閉じないためには、

どうすれば良いのでしょう。

 

1. アクビをしましょう。喉が開きます。

2. ため息をつきながらフレーズ全体を一気に発音

3. 語尾に向かうにつれて音程を落す

 

こうすると最後まで喉が閉じにくくなります。

音程を落とせば落とすほど、

大抵の人は喉を開こうとします。”

”アクビをしてみて(^○^)
そしたら喉の辺りが「ムワッ」ってなるでしょ?
それは今あなたの声帯がムワっって開いている状態です。
その「ムワッ」ってなっているポジションから今度はため息をついてみよう。
だんだんそのため息に声を乗せてみましょう♪
この時に胸に軽くバイブレーションが走るように声を調節してみて。

はい、あなたの声、深くなったでしょ?”

 

 

 

”日本女性の可愛い声は、喉上部の緊張から産まれます。

それが認識できない場合は、いつもの声を出した後、ご自分の声を、

思いっきり低くしてみてください。

喉の前の筋肉の緊張が、上から下に動くのがわかりますか。

英語は、喉の上位を緊張していると話せません。

口を開けて、喉を伸ばして、「アー」と言い続けて

ください。

注意点は、下あごをリラックスさせることです。

このポーズは、喉を開くのにも大変役に立ちます。

英語の発音は、「喉を開く」ことが大事なポイントですからね。

このままかわいい文化を続けていると、日本女性の声は高いままで

、英語なんか話せませんよ。

このポーズで、「アー」を気が付いたらやってください。

その際。みぞおち下のお腹に手を当ててみてください。

お腹が動いていれば、大成功です。”

 

 

 

だそうです!!

今まで、なんとなくできていた部分と、意識していなかったからできていなかった部分と半々の私、今後はしっかり意識してみようと思います。

 

ちなみに、これらのこと発見後、アメリカ人数人に、英語話すときって喉使う??って聞いたところ、

 

1、え、もちろん使うでしょ

2、ああ、意識したことないけど使ってるね

 

と言う返答が複数人から帰ってきました。

英語勉強歴長いけど、これって今まで考えたことなかったな、と言う視点だったのでシェアさせていただきました!!

 

 

こう言うのって楽しいなー!

今からなんでもなれるから職業変えろって言われたら、言語学者とかそう言う類の人になりたい。笑

 

さあ、今日から英語の練習のために日本語話すときもショーンkみたいに話すことにします。気になる方は電話してください♡

ショーンkバージョンで会話いたします。笑

 

でーはみなさん

Have a wonderful day!!