Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして。

歯科医師としてロサンゼルス滞在中。生活の中でポロリと出た独り言を呟きます。

I-20有効期限切れ

こんにちはー!

昨日はメキシコのボーダーに行ってきました!

五分くらい。

いや10分くらいいたかな...

 

なんでかって?

 

実はi-20の有効期限を切らせちゃったんですよ。

 

ビザといいのは、入国のためのパーミッション。私のビザは有効期限が5年です。あと四年の猶予あり。

i-20というのは、滞在のためのパーミッション。これは、年契約だったんですねぇ。

へー!!

 

ということで半強制出国の刑です。

 

 

 

 

すっかり忘れとったわ。

ということで、i-20が切れた今、このまま滞在し続けると、違法滞在になってしまう(期限がしばらくの猶予機関があるので、現在はこれにあたります。)ではないか!!!

 

気付いた瞬間ちょー焦りました。

まじか!逮捕されたらどうしよう!!

移民局きちゃう?!

わー!!!!((((;゚Д゚)))))))

 

みたいな。

 普通来ないけどね。笑

 

そういうわけで、すぐにUCLAのオフィサーに問い合わせたところ、

「とりあえず新しいi-20発行するから、メキシコかカナダのボーダーにいって、もっかい再入国してきて。i-20は、新しいSEVISナンバーで発行することになるから、もっかいSevis fee払ってね。ボーダーで新しく入国した印の、i-94を発行してもらえばいいから!SEVIS FEEは$200ドルでした。支払う必要のないはずだったものへの余計な出費は痛いです…

 

アメリカで留学経験のある方はこのよくわからん数字の会話について来てくれるでしょう。

今後、留学を考えていて、ビザ関係の手続きを知りたい方はこちらへ。

 

www.losangels.link

www.losangels.link

www.losangels.link

 

そーんなわけで、近場の(?)メキシコボーダー、ティワナに行くことにしました。

 

ということで、ティワナ行ってくるわ!!

というと、ロバートは、

「は?!何行ってんの?!ダメに決まってるでしょ。」と。

 

他の友達にも散々脅されましたが、かなり危険なところのようですね。

知らずにヤングなガールがふらつくところではないよう。

ドラッグでも買いに行くの??

とまで言われる始末。

 

ロサンゼルスですら、しょっちゅう危険なめにあっているのに、そこまで言われると…

(ちなみに今日はセグウェイで誘拐されそうになりました。流石にセグウェイには走り勝てたけどw)

 

しかし、バンクーバー行くのもなぁ...

やっぱりティワナ行くしかない!!

 

と言ったところ、仕方ないから仕事休んでついて行くよ...

とロバートがついて来てくれることに。

 

さて、二人でビバリーヒルズの家を出発し、ダウンタウンのユニオンステーションにつき、切符を買うまでに1時間と見積もっていたのに、結局1時間半かかり、電車を逃す。

f:id:azu-ryugaku:20170723073331j:plain

 

 ユニオンステーションは素敵です♡

電車を待つこと約1時間半。うう、日本じゃ新幹線ですら20分間隔くらいで出てるのに…

 

アムトラックは意外と快適でした。

サンディエゴまでの2時間半、眠そうにしながらも喋り続ける私の話を聞いてくれるロバート。彼の一番の魅力は聞き上手なところです。どんなにくだらないこと話し続けても必ず聞いてくれるし、もっと気持ちよく話せるようにたくさん質問してくれる。ざべすとりすなーえゔぁー。

 

喋り疲れていきなり瞬間で寝る私にバックパックから持ってきた毛布をかけてくれるロバートはもはや私のパパ。笑

 

 

アムトラックの到着駅はサンディエゴダウンタウンです。

ダウンタウンの手前にダウンタウンオールドタウンという駅があるのでメキシコに行く際はお間違えのないように。

 

サンディエゴダウンタウンに着くとすぐ迎え側に別の電車の駅が。

ティワナ行きの電車を探す。

チケット代は片道 $2.5

電車に揺られること30分くらいかな。

やっとボーダーです。

電車はティワナが近づくほど、ちょっと柄の悪い感じのヒッピーが増えてきて、一人でこのくてほんと良かったわ…と。

 

電車を降りると、そこはもうすぐボーダー。

なんか、怪しげな(笑)歩道をみんな列をなして歩いて行き、

「MEXICO」

と書かれた建物の回転扉を入るとそこはもうメキシコの入国審査。

手荷物検査、はっや。

色々バックに入ってたけど(水とか携帯とか)、X線でなにもお咎めなし。まじか。

 

また、長〜い歩道を歩き、外へ。

外に出るところには、長銃を持ったセキュリティーが立っていて、みんなを観察していました。

 

 

そのままグルーっと回ってアメリカに入国するラインに入る。徒歩10分というところでしょうか。

方向音痴の私、本当に一人で来なくて良かった…この10分、一人だったら1時間かかってたわ。

 

入国はあっさり。

入国審査の前に係りのイケメンのおにーさんに、wow, Japanese girl!! konnichiwa-!!と言われた程度。

 

入国審査はあっさりとすみ、外に出ると、I-94発行の場所発見。これか!目的の土地は!!てか、去年アメリカ入国した時はこんなのなかったよ??

VISAとI-20見せて、勝手に入国審査で手続きしてくれて後でパソコンからI-20印刷しただけ。

なんで今回はこんな…??

システムはよくわかりませんが、これは絶対しなければならないよう。

しかもお金かかる。$6…

2部欲しいなら$12、3部欲しいなら$18…

いや、パソコンで印刷できるってば…

手続き用に一部で十分なので、$6支払い、ジェニファーロペスにそっくりなオネーさんが面接をしてくれました。かなり細かいこと聞かれました。

 

Who is this guy? (ロバートのこと)

 - he is ——

 

How do you know him? 

- it’s my boyfriend 

 

Can I see his ID 

- his ID? (なんで私のことなにも聞いてくれないの?笑)

 

Are you gonna go back to Japan? 

 - yes after I finish my training in UCLA

 

Are you gonna go to Japan together? (とロバートに質問)

 -we are planing on it.  

 

 

などなど。

や、もうちょっと私のこと聞いてよね。なんでそっちばっか…笑

あとはどこに住んでるか、とかどっちの方向から来たのか(なんじゃそりゃ)とか聞かれた。

 

そんなこんなでなんとか入国完了です。

 

 

帰りもごとごと電車に揺られ、ロバートの私の発音矯正ブートキャンプに参加し、その後浅い眠りにつきながら3時間弱を過ごしました。

 

 

あー疲れた。

しかし、皆さん安心してください。

I-20切れてもなんとかなりますから!!

私なんとかなりましたから。

 

実は、能天気な私はまあ、別にI-20なんて切れたって、次どこかに旅行するときでいいっしょ、とか思っていたのですが…というかとある理由がなければ本当にそうしたと思うのですが(こら)、ちょっと早めにやっとかないと不都合が生じる可能性があるプランがあるので、手を打っておきました。

 

こういうことって、自分が陥ったとき、すごい焦るだろうから少しでも私と同じドジを踏んだ人が安心してくれればいいな、と思い、記事を書来ました。

 

あ、ティワナに行くのが不安ならば、バンクーバーがいいと思います。

もしくはさらっと日本に帰るのが一番なのかな。

 

ではではー