Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして。

歯科医師としてロサンゼルス滞在中。生活の中でポロリと出た独り言を呟きます。

米国歯科医師国家試験対策〜NBDE対策

こんにちは

 

カリフォルニアに滞在されているTomoko先生からこんなコメントをいただきました。

ありがとうございます。

f:id:azu-ryugaku:20170831061558p:plain

つまり、この記事

www.losangels.link

 

でさらっと紹介したアメリカの歯科医師国家試験向けの本は何じゃ!!という質問ですね。

実際、アメリカの歯科医師国家試験の受験情報が少ないのは事実。

私のような、はいはい、周りで国家試験の勉強している友達いるから何となく知ってるよー、程度の情報でも役に立てるような気がするので、公開させていただきますが、以前も述べたように、自分の受験のためにひっちゃきになって集めた情報、というより、現地で生活していて周りの友人や教えている学生たちから自然に入ってきたゆるーい情報だということをご了承いただければ、と思います。

 

 

さて、質問の回答!!

どうやら画像が見えなかったみたいなのでもう一度。

以前紹介した本はこちらです。

 

f:id:azu-ryugaku:20170831062605p:plain

 

こちらは、かなり初歩的な本です。

まずはこれから始める!という学生が多いよう。

ちなみにこれはパート1ですが、パート2も別にあります。

 

今日は、基礎科目であるパート1のことをもうちょっと詳しく話したいと思います。

(ちなみに現在はパート1とパート2(臨床)に分かれていますが、そのうち合併しますとADAが宣言済み)

 

このfirst aid、スタートにはとってもいいよ!とのこと。

つまり、これだけでは足りないよ、ということのようですが。

では、他には何があるの??

 

 

ということですがこの記事のために最近受験を終えた友人にインタビューしたのでまとめてみます。

 

次にオススメなのは

友人1曰く

dental decksというもの。

これはフラッシュカードのようなスタイルになっていて、一問一答の問題集です。解説が細かく、パート1の中でも、

Anatomy,

Dental anatomy,

Biochemistory/Physiology,

Microbiology/Pathology

の4冊の本に分かれていて、ボリューム満点です。

 

サンプル。

こんな感じで上が問題。下が解説。(この問題に対しては覚えるべきものの一覧がついていますね)

 

f:id:azu-ryugaku:20170831064457p:plainf:id:azu-ryugaku:20170831064503p:plain

 

友人2曰く

dental decks は詳しすぎて嫌い、試験でそこまで求められないからそこまでやる必要ない、僕が好きなのはアプリケーション。

(写真はネットから頂いたものなので、パート2ですが…)

f:id:azu-ryugaku:20170831064847p:plain

 

これは、ASDAと呼ばれるかなりり昔の過去問から作られたアプリのよう。

Dental board masteryというアプリ。

解説もなかなか見やすくていい感じ。

私は、単純に歯科ワードを覚えるのに渡米前にダウンロードしました。(いくらか忘れたけど結構高かった気がするけど…)

試験は結構過去問の使い回しもあるようなので、これは使えるアプリのようです。

最近パソコン版(アプリではなくホームページ上で)も出たようで使いやすさアップです。

 

また友人3は

私はYoutubeをお勧めするわ、とのこと。

言われた通り、開いて見ましたが、おお、ほんとだ!

どうやって勉強したらいいか、の動画から、お勧めテキスト、

さらにはそれぞれの科目の講義まで載ってます。講義、わかりやすい!!

日本の学生さんも、暇があれば動画を見ると面白いと思う!!

 

youtu.be

 

勉強方法の動画。

お姉さん、かわええ。アクセントがまたかわええ。

 

こちらはリンパシステムの講義。

youtu.be

 

おっちゃん、ありがとう、って言いたいくらいわかりやすい。

ちなみにこのシリーズはdental decksに沿っているみたいですね。

よくできた時代だわー。

 

 

そして、彼女がもう一つお勧めしたのは、

UCLA,USCの学生共同制作の対策ノート。

どこの大学にもやっぱりいるんですね、試験対策大好きな学生が。笑

それが各教科数100ページずつに分かれていて、分かりやすい、と。

実際、その資料も頂いたのですが、なんとなく秘密のマテリアル風な雰囲気だったのでここでの公開はやめておきます。

 

おそらく、どこの学校でも存在するような対策ノートでしょう。

学生に聞けば、あっさりシェアしてもらえることが多いようです。PDFになっていることがほとんどなので。

廊下で学生捕まえて、ゲットしましょう。

 

 

 

他にも色々あるようですが、私の周りではこんな感じかな。

で、基本的には、この試験を受ける方々はもう日本で歯科医師国家試験を通っていると思うので、基本的なことを一から勉強する必要はないことを考えると、どんどん問題を解いて言って、わからなかったら調べて、という形の方がいいよー、という感じがしました。

基本的には日本の国家試験のような重箱の隅をつついたような問題は出ないようです。解剖以外は。

 

ということで、今日はかなり読者の対象が限られた記事を書いてしまいましたが、今後未来の歯科医師の参考になれば幸いです。

 

では、皆さん

Have a wonderful day!!