Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

日本人が本当に言えない音はLかRか?

 こんにちは!

何度かきかれたことがあるんです。

 

日本人にとってLって言いにくいの?と。

確かに、日本人の英語、ジャングリッシュを真似した動画とかだと、Englishを Engrishと発音していたりするんですよね。

 

最初のうちは、えーそんなことないでしょ。どっちかっていうとRの方が馴染みないと思うけど…

と最初は思っていました。

 

 

 

しかし、よく考えたら実際、 少しでも英語に興味がある日本人ってやたらRに集中するかもな…

なぜならば、Rって日本語にはないすごく英語らしい音だから、英語らしい音を出そう出そうと思うと余計Rを使おうとしてしまうのかな、たとえそれがLの音でも、という理由で“日本人はLの音が苦手”という意見に納得していました。

 

実際、Lは日本のラリルレロに近い音だと認識している人が多く、Rは英語の音、と認識している人がとっても多いように感じます。なので、Rは意識するけどLは深く考えずに発音する人が多い。

 

しかし、ロバート曰く、日本人のラリルレロの音は、どちらかというとRに聞こえる、というのです。

私は、嘘だー、そんな事ないでしょ、

日本のラリルレロの音は舌の先っぽだけをDのポジションにつけて、Lをいった感じだよ、といつも抗議しますが、彼的には

 

いーや、日本人のラリルレロはもちろん完全なRではないけれど、どっちかっていうとLよりはRに聞こえるよ!と。

 

A子もB男(共通の日本人の友人)も日本語話すときみんなそう聞こえるもん!

そして彼らは英語話すときLが全部Rだよ、と。

 

え、そうなの??

確かに彼らの発音はいかにもジャパニーズだけど、Lの音使ってるよ?と私目線では感じます。

 

つまり、Lの音って私たち日本人が思っているよりずっと日本人に難しい音のようなのです。

 

前にもLの発音のまとめ記事を書きましたが、思っているよりずっと、ギユッと前歯の裏に舌を押し付けます。

もしくはTHの発音の時のように舌を噛みます。

私は後者の方法で発音をしています。実際、この方が簡単にLの音を出せると気がついてからは発音方法を変えました。

 

 

そんなわけで、実は日本人はLの音が出しづらい、という事実のお知らせでした。

まあ、どっちでも大抵センテンスで通じると思いますが…。

 

Rice(ご飯) とLice(シラミ)、 Fry(油で揚げる)と Fly(ハエ)を間違える人はそうそういないですからね。

 

ではみなさん

have a beautiful day!!