Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

クッキー1枚のカロリーを考える

*この記事のバグ修正いたしました。

 

お昼ご飯は、製薬会社の人とランチミーティング。

MRさんがご飯を用意してくれて商品説明をしてくれるっていう月に数回の楽しみの時間。(食べ物くれる人はみんないい人)

 

 

今日の会社は、箱に一人分を入れたランチをレジデント全員分プラス、スタッフの分で10箱近く持ってきてくれました。

 

中身はサンドイッチ、カットフルーツ、ポテチ(小)1袋、そして、クッキー。

あ、あとコーラとストライプ。

 

うん、なんていうか、すでにアメリカンだよね。

ポテチとクッキーお弁当に入ってるって、日本じゃ考えられなくない?

それはお弁当じゃなくておやつだろ、と。

むしろおやつの時間でも私はあまりポテチとか食べさせてもらえなかったな…

 

今日はこのクッキーについて思ったこと。

多く語るよりまずはどんなクッキーだったかを見ていただきたい。

こんなクッキー。

 

対象物は置かなかったが、直径約7−8cmと推測。

これ、表。わお。

f:id:azu-ryugaku:20170914134114j:plain

そして裏。

わーーーーーお。

f:id:azu-ryugaku:20170914134120j:plain

 

 裏、多すぎやろ。m&m…

日本のコンビニでも見る、ポケットサイズのm&mを丸々一袋分使ったくらいのチョコレートは入ってるだろ、これ。

f:id:azu-ryugaku:20170914142201p:plain

だいたい、このサイズで売っているクッキーって、 普通のチョコチップで400キロカロリー程度よね。それにこのm&mを足したら、ざっくり700キロカロリーを超えるわけで。

クッキー1つでランチの摂取カロリーほぼ終わっちゃうよ…

 

私はクッキーもチョコレートも大好物ですが、さすがにこれは2口程いただいて、しっかりとm&mの味を確認させていただいてから、ランチボックスに戻しました。

 

サラダ…とかないのかな…とフリーランチを恵んでもらいながら贅沢を考えましたが、おそらくポテチがサラダ代りなのでしょう。

 

こりゃーね、そりゃあアメリカン、太るよね。

太らないわけがないよね。

 

それにしても、日本に比べて「食育」という概念が少ないように感じます。

日本人の学校の献立は栄養素がしっかり考えられていて素晴らしいですよね。

 

このクッキーを手放しに、イエ〜!!と喜べない自分がいてくれてよかったな、と思います。

 

さてさて、クッキーの残りはまた明日食べよ。

 

 

でーはみなさん!

 Have a great day!!