Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

英単語を音節で分けてみたらなんか言える!!ようになったお話。

こんにちは

 

シラブル、って知ってますか??

音節のことです。

 

学生の頃、この英単語は何音節か?なんて試験で聞かれたことありましたよね。

 

当時は、あまり深く追求したことなかったけど雰囲気で正解できると思ってた点取りポイントでした。

 

 

今になって、なんでしっかり勉強しておかなかったんだろう、と思うことの1つです。

 

 

日本語って、必ず子音+母音の一音一音で単語が作られていますよね。

りんご 

だったら、日本人ならほぼ100パーセントの人が

り ん ご の三音節から成り立っている単語だって分かるでしょう。

 

英語の音節はもっと複雑です。

日本語よりもバラエティーが豊富です。

 

しかし、ネイティブにとっては、私たち日本人が楽勝で日本語を音節に分けられるように、英語の音節を分けられます。

 

私がある単語を言えない時、周りのネイティブにしつこく聞きます。みんな、音節で区切って教えてくれるんですよね。

 

日本人が外国人に言葉をはっきり発音させようと思ったら、おなじことをするでしょう。

 

り、ん、 ご!

だよ!って。

 

それと同じです。

例えば、先日私はextraという単語をエキストラと発音していました。すっげーカタカナ英語。笑

日本語でよくこの単語使ってたからなぁ...エキストラサイズください!とか、ドラマのエキストラがー、とか、エキストラバージンオイル、とかさ。色々あるよね。

 

というか、エキストラってケータイで打つとextraって単語に変換されるし。

 

でも、これ、正しい発音に「キ」の字は入りません。だって音節に分けると、

Ex-stra 

なのですから。

 

カタカナで無理やり書くと、

エク-ストラ

です。

 

クの音は、特に喉の奥の方からの音です。シラブルに分けてもらうと、キの音の要素、ゼロです。そもそもスペルにiの音入ってないですしね^^;

 

 

 

シラブル(音節)の分け方、検索してみました。

あー、なるほどね。たしかにそうだわ。と納得。

 

今まで言い辛いな、と自分の中で思っていた単語のシラブルを確認。

 

はー、簡単に言えるわ。自分の中でシラブルの分け方間違ってたから、なんとなくみんなと違う音だなって自分で感じてたのね。

 

 

てゆーか、辞書にも入ってるんですよ!シラブルの分け方!!

今まで意識したことなかったー!!!!!

知ってびっくり!!そういえばなんか点、入ってたわ!!!

ドットで分けられてるんです。

 

 

例えば、なんか違うと思ってたたんごの一つ、

moderate

を辞書で検索すると、

f:id:azu-ryugaku:20171017072647p:plain

 

おお!

言える!!

なんか言えるぞ!!!

前と違う!!一瞬でなんか違くなる!!!

という感動が隠せません。笑

 

今まで、mode・rateって区切って発音してました。だからかー!!!!!!

 

 

最近、私の英語に対する周りの目が厳しくなってきました。

 

私がみんなにお願いしているので容赦無く突っ込んでくれるようになりました。

 

有難や。

 

 

みんな、あなたの発音そんなに悪くないし、そんなに気にしなくていいよ、と好意で言ってくれて、直してくれませんでした。

 

自分でも、そんなに悪くはない、と思っていました。

 

しかし、耳が慣れた今、やっぱり全然違うんですよ。特に喉の使い方。

なので、周りのみんなにお願いしまくりました。

今までは直してくれるのはロバートだけでしたが、今では朝から晩まで誰かしら直してくれます。

 

 

 

実際、特にロサンゼルスは多様なアクセントを受け入れる土地です。他人のアクセントをいちいち直そうとする人なんていないでしょ

う。

 

だからこそ、何十年住んでても、発音に癖のある日本人の方を何人も見ています。

 

別に、それが悪いことではないのです。

私もそもそも英語はツールである、という意見に大賛成です。発音なんか気にせず、どんどん話すべきです。発音が悪くてネイティブに通じなかったら、察せなかったネイティブが悪いと思ってください。それでイラつかれるくらいなら、日本語でお前が話してみろよ、というスタンスでいいと思います。

 

なので、私がいつも発音の研究をしているのはあくまでも趣味の一環です。

 

 

あと8ヶ月でどこまで直せるかなぁ...

 

と言うことで、いままではあまり意識していなかった、音節、シラブルについての意識を始めました、という報告でした。

 

 

 

参考リンク

英語の「シラブル」(音節)を理解するための基礎知識 | オンライン英会話コラム

 

 

 

 

 

でーはみなさん

 

Have a wonderful day!!