Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

アメリカ人と日本人の違い〜カップル編〜

こんにちは

 

良く聞かれること、

アメリカ人の彼氏と日本人の彼氏って違う?

っていうこと。

 

一言で答えるならば、

「人によるんじゃない?」

 

と言う感想です。

ゆーても、アメリカ人(白人)と付き合った経験のN数...

50人!!!!

 

...マイナス48人くらいなので、かなりエビデンス低いんですが、ちょっと話してみようかと。笑

(そのうち1人は日本に住むアメリカ人だったので正しい調査対象なのか分かりませんが...)

 

 

アメリカ人は基本的に愛情表現が豊か、というイメージは正しいです。

というか、日本人に、それをしない人が多すぎるのかな?

 

アメリカ人、というより、アジア圏以外のカップルを見ていると日本とは比べ物にならないくらい、愛情表現をしているように見えます。

 

I love youに始まり、綺麗だね、かわいいね、かっこいいね、セクシーね、スマートな、クリエイティブね、などというcomplimentは、どちらかというと”言わなければならないもの”として義務付けられているように思えるほどです。

 

しかし、これが欧米人に多い、というだけで、日本人にもそういう人はいます。

少数派、ではあるかもしれないけど間違いなく存在します。

付き合うまでの期間、または付き合って間もない頃には甘い言葉で餌を巻く日本人はもっとたくさんいます。

 

付き合った後もずーっとそれが続くのは、私自身と友達の話を聞いたところから推測するに約10%弱というところでしょうか。

10%には達しないと思います。

 

しかし、アメリカ人の場合、これが出来ないことが別れに発展する場合があります。

 

アメリカでは離婚率がとても高く、約半数のカップルが離婚に至るようですが、その理由の1つに、日本人の結婚観とは違う点があることが挙げられると言われています。

 

それは、日本人のように、愛情がなくなってもなんとなくダラダラと一緒にいる、離婚はしないけど別居、いわゆる仮面夫婦、などそう言った方法をとることはあまりないようです。

 

なので、愛情があるうちはしっかり表現をして、それもこれもなくなってきたなら、一緒にいる理由もないか、という経緯で離婚に至る。もちろん、子供がいる場合はもっと複雑になると思いますが、周りの話を聞いているとそんな印象を受けます。

 

この考え方は、日本にももっと浸透すればいいのに、と思います。

 

離婚は決していいことではないけれど、自分の人生に選択肢を持つことはいいことです。

自分の人生がもっと豊かになるかもしれない、という可能性を持つ選択肢です。

 

そして、離婚後のアメリカ人たちは、年齢関係なくいつも次のパートナーを探しています。

 

日本ではいい大人が離婚後に恋人探しなんて...とちょっと厳しい目で見られることも多いでしょう。

 

そんなことは全くありません。

知り合いの60歳近いアメリカ人の歯医者さんから、誰々ちゃん紹介してよ、facebookで君と友達なの見つけたんだよ、

などと言われたりすることもしばしば。

最初はマジかよ、おい、この人ちょっと...

と思いましたが、待合室でマッチングサイトのアプリを凝視している歳の行った患者さんがどれだけいるか、という事実に気付いてからは考え方が変わりました。

 

人生、楽しまなくちゃダメですよね。

 

 

しかし、結婚するときはみんな永遠を誓うもの。

誰も離婚前提で結婚なんてしません。(グリーンカード取得目的以外では)

 

 

なので、良好な関係を続けていきたいもの。

そのためには、日本人の夫婦のように、熟年離婚なんて選択肢にないし、やりたい放題でいいや、という感覚は少ないかもしれません。

 

夫婦の時間をできる限り持つ、友達との交流関係も夫婦セットで、子供がいてもナニーを呼んでデートに行く、などなど努力をしている夫婦が多いように感じます。

 

義務的のように感じる、と最初に述べたcomplimentやaffirmative wordも義務、とは言わないものの、努力の1つなのかもしれません。

 

 

まぁ、いうても、努力する姿勢があるうちは安泰で、実際問題、結婚して子供ができて、子育てに忙しい母親と、新しく外に恋人を作った父親、なかなか家に帰ってこないで外で遊んでいる父親にイライラしながら子育て、家事の負担が積もる母親、そのうちついに父親の浮気が母親に発覚!という構図が一番の離婚の原因のようですがね^^;

これはどこの国でも一緒でしょう^^;

 

 

さて、このcompliment、日本人の私の感覚では少し表現の仕方が違うな、と思うことがあるんです。

自分は言ってるつもりでも相手には伝わっていなかったり、向こうの言ってることが...??!と思ったり。

このことについてはまたの機会にします。長くなるので...。

 

最初に、「人によるんじゃない?」と言った通り、あくまでも本当に個人差があることは強調します。

 

イタリア人なんてみんなアモーレアモーレなんでしょ、って思ってたけど、友人のイタリア人は、「俺、ロマンチックな事とか嫌いなんだよねー。やれって言われればできるけどさぁ。花とかあげても次の日には捨てられてたりするじゃん?世話がめんどくさいからって言って」

と。

 

マジか。彼氏にもらった花を次の日に捨てる女子...みんなロマンチックまっしぐらなのかと思いきや、イタリアにもそんな人いるんですね。笑

 

 

 

ではではみなさま

Have a great day!!!