Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

翻訳機能のクオリティー

こんにちは

 

日本にいる時、よくGoogle翻訳を使っている人を見ました。

翻訳機能...私、よっぽどじゃないと、この翻訳機能は使いません。フランス語から英語にする、スペイン語から英語にする、ならいいかもしれません。

 

しかし、日本語と英語、誤訳レベルが半端ないです。

近年ではだいぶマシになってきた!と囁かれていますが...たしかに、二年前に笑った翻訳は現在はもっとまともな訳になっていました。

 

それはこちら。

f:id:azu-ryugaku:20171205114141j:image

NOT KAKAEKOMA ALONE...!!!!????

テキトーすぎる!笑

そして、音のリズムがなんか楽しすぎる!笑

 

さて、この翻訳機能がどれくらいあちゃーな感じになるのかを検証を。

 

なんとなく思いついた言葉を打って見た。

f:id:azu-ryugaku:20171205114537j:image

はいはい、まぁ、普通ね。

面白くないな。

 

単語少し変えてみるか。

 

f:id:azu-ryugaku:20171205114600j:image

 あれ?

頭はMy headだったのに、なぜお尻はyour butt, 他人のお尻になってるの?!てゆうか、他人のお尻がかゆいなんて知らんがな。普通言わないでしょ!

 

じゃあ、背中ならどうだ!!

 

f:id:azu-ryugaku:20171205114703j:image

 

おーっと!現在進行形になったー!!!!

なんでー!!??

 

f:id:azu-ryugaku:20171205114818j:image

 

じゃあ、足は?!

Feet itchingっていう1つの名詞になってる!!

 

 

え。じゃあさ、「かゆい」を「痒い」にしたらどうよ??

 

f:id:azu-ryugaku:20171205114905j:image

 

It’s itchy...

って、なんかすごいテキトーになったな...もはや、訳がお尻に触れていない。

 

 

おわかりいただけましたでしょうか?

もはや、googleさんの気まぐれ、としかいえないような人称と時制と品詞の決め方。

 

長文作ったらどれだけテキトーになるか。

 

しかし、通じればいい、のであれば通じますね。もちろん。友達にメールするくらいならいいかもしれません。

でも、ビジネスシーンでは避けた方がいいと思います。大きな誤解を生む可能性もある気がする...

 

 

ではでは

Have a wonderful day!!