Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

あなたは本当にディズニープリンセスが好きですか?

こんにちは

 

 

アメリカ!ディズニーの本場!

やはり、日本の子供はジブリかディズニーか、で育ちますが、当たり前だけどアメリカはもっとディズニー色が強いよう。ジブリも知られてはいるけどね。あれはちょっと日本人の私でもわからないような壮大な日本国のテーマが隠されているよね。

 

さて、皆さんはディズニーのクラシカルなお姫様、プリンセスたちが好きですか?

クラシカル、と呼んでみましたが、かなりグッズにもなっていて、いい商売にもなっているこの六人あたりがメジャーの姫でしょう。

左からシンデレラ、白雪姫、アラジン、美女と野獣、リトルマーメード、眠れる森の美女、ですね。(あってるよね?)

 

f:id:azu-ryugaku:20180110043925j:plain

 

しかし、私はディズニーのクラシックなプリンセスシリーズって教育に悪いよなぁって思ってしまうんですよね。

 

その中でも、例えば、白雪姫や眠り姫なんて最悪。

白雪姫を見た子供は、周りの言いつけを破って、家のドアを開けてリンゴ売りに会い、毒リンゴを食べて眠りに落ちる。

そして、眠ったまま王子様が来るまで待つ。

王子のキスで目が覚めてめでたしめでたし。

 

って嘘でしょ?!

 

だって、簡単にまとめると、

言いつけ破って殺されかけたお馬鹿な娘もただ眠って王子を待っていれば幸せになりました。めでたしめでたし。

うそーん。これに憧れる少女の未来が怖いわ!

 

眠り姫だっておんなじ。

本人は眠ってたからよくわからんが、目覚ましたら王子がいました。めでたしめでたし。

ええええええぇ。

 

お母さんは子供に、王子は寝て待ちなさい、って教えるのかい?!

別に努力とかいらないから、とりあえず寝て待ってりゃいいのよ。って??

 

てゆーか、なんで寝てんの?森の中で寝ないでよ!

 

シンデレラは寝てないけどさ。

不幸な女の子が宝くじ当たっちゃったよーん!ラッキー!みたいな話よね。

 

文句ばっかり言ってるけど、ちゃんと好きなプリンセスもいるんです!

それは、リトルマーメードのアリエル!

彼女は強いよなー!

王子に会いたい一心でアースラ、いかついタコのおばさんに会いに行って自分の声を引き換えに人間にしてもらう。

王子とうまくいかなかったら、死んじゃうってわかっててもそれでも欲しいものを取りに行くガッツ!!気合入ってるよねー。

カッコいいなー。

 

 

あとは美女と野獣のベル。

彼女は変わり者として村では扱われたけど、自分の好きなことは見失わず、さらに野獣にも優しい心がある、と見込みをつけてからは熱血教育!

最終的には自分でいい感じに育てた男が王子に変身。

これはいい話だと思う!

 

やっぱり、自分で動かないとダメよね、だっていつもパソコン開くとこんなん目に飛び込んでくるもの。

f:id:azu-ryugaku:20180110044542p:plain

ってね。笑

 

 

 

で、なぜにディズニープリンセスがそんなことになっているのかって。

なんか文句だけあげてみましたが、ちゃんと考えるとそれには理由が。

これは紛れもなく、「時代」の影響だと思います。

現代だったら、いくらなんでもそのままのグリム童話にすることはないでしょう。

そもそもリアルグリム童話って子供向けじゃないみたいですしね。

 

時代ってなんのこっちゃねん、ということで、公開時期を検索した結果を。 

まず白雪姫。

なんと、公開されたのは1937年!

f:id:azu-ryugaku:20180110044151p:plain

 

日本が日中戦争とかしてた頃。

日本が満州を攻めロー!とかやっていたそんな時代にアメリカではこんなもん作ってたなんて…驚愕です。

その時代の女子は家で木こりたちが働いている間に一生懸命家事をしていた白雪姫が、理想の女性像ですね、きっと。

 

お次、シンデレラ。

これは1950年公開。

f:id:azu-ryugaku:20180110044640p:plain 

1945年に第二次世界大戦が終わったことを考えると、きっとこの作品は戦争の最中に製作が開始されていたのかな?

当時の日本の技術と比べたら…

よくまあ日本は戦争ふっかけたこと、って言いたくなるほどの力のですね。

まだ私の両親も生まれていない時代です。

女性がもっと強く生きなくちゃ!!っていう主張がされる時代ではないですね。

 

 

そこから9年後、1959年眠りの森の美女。まだまだ以下同文。

f:id:azu-ryugaku:20180110045102p:plain

 

 

そして1989年!

やっと私が絶賛した海のアイドル、アリエル登場。

f:id:azu-ryugaku:20180110045216p:plain

ちょうど、私が生まれたくらいに公開されているんですね。

そりゃあ、価値観が一緒なわけだ。

納得。

 

そしてベル。

こちらも1991年。アリエルから3年後。時代は一緒でしょう。

f:id:azu-ryugaku:20180110045416p:plain

 

 ということで、最初に、教育に悪いよ!

と文句を言いましたが、結局時代の流れがしっかり反映されているんですねぇ。

そして私が同世代プリンセスに共感をいだくように、他のプリンセスに共感をいだく世代もあったのでしょう。

 

問題なのは、何も知らない子供たちがクラシックプリンセスたちをひとまとめに憧れてしまうからであって。

だってなんかキラキラ可愛い!美人って素敵!!美人って得!!私もああなりたい!!ってね。なるでしょ?私もシンデレラのドレス、持ってたもん。ティアラもあったなあ。

あれは嬉しかった。キラキラしてて、心が躍ったのを覚えています。

そんな私が、いつからこんな皮肉れた、寝てるだけじゃ幸せなんてこないよ、なめてんの?みたいな可愛くない少女になってしまったかはわかりませんが、自分ではそれでよかった、と思っています。

 

なんか、ひねくれたことを語りましたが、基本ディズニーは、英語の勉強には最適な教材だと思いますよ!

スラング使わないし、はっきりとした英語を話してくれる。

海外ドラマの英語よりレベルで言ったらかなり初級だと思います。

おすすめ!!(散々ディスっといて…笑)

 

ではでは…

Have a great day!!