Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして

歯科医師がロスからお送りするアメリカ人の頭の中観察記録。

日本語・英語を話すときの性格の違い

こんにちは

 

日本に住んでいる外国人ユーチューバーの動画って結構面白くて好きです。

今日は私がたまたま発見したちょっと面白かった動画、ピックアップ。

 

まずは1本目。

この動画は、彼女が日本語と英語を話すときの性格の違いを紹介。

率直な感想としては、まあなんて言うか間違ってはいないけれど、この人はまだ日本に対して幻想を抱いているな、って感じ。

もしくは、彼女の周りにいる日本人のお友達がかなり素敵な方達なんでしょう!

または、彼女が母国にいるときのもともとの性格が垣間見えます。

 

youtu.be

 

それに比べて2本目、

この方はすごい周りを観察していると思う!

はいはい、あるある!!って感じ。

 

youtu.be

 

どっちも面白いんだけど、2本目の方が納得。

でも、言葉は周りにいる人たちから学んでいくものなので、彼女たちの日本、アメリカの交友関係などが想像できて面白いですね。

どっちが正しい、とかじゃなくて彼女らの性格によっても違いが出るのでしょう。

 

それにしても二人とも日本語上手だなあ。声の出し方がとても上手ですよね。

 

 

彼女が出している日本とアメリカの女性を比べている類似ビデオも面白い。

 

 

私が感じていることは、英語を話すときでも、誰と英語を話すかによって言葉使いが変わってくるな、ってこと。

まあ、当たり前ですよね。日本語はそれが顕著ですよね。友達と話すときと目上の人と話すときは、敬語を使う使わないの話ではなく、声のトーンや表情って変わりますよね。

 

英語は日本語ほど顕著ではないとは思うけどやはりTPOは大事だと思います。

日本語が母国語で英語をセカンドの私は周りのアメリカ人よりその切り替えが大きいかもしれない。

 

仕事中に患者さんと話すとき、指導医と話すとき、はゆっくり丁寧に話すように心がけています。ゆっくり話すことで、たまに変なこと言ってるな(文法的に)と気づくと、言い直して見たり。しっかり伝わるように相手によっては単語を選んで見たり。

 

しかし、友達と話すときは別です。

みんなんでワーッと盛り上がってる中で一番大切なのは会話のテンポ。伝わればいいので、とにかく言いたいことをわーっと吐き出します。

また、どの友達と話すかによっても声のトーンが違って来ます。

例えばローカルな友達と話すときは釣られて少しカリフォルニア独特のトーンになるし、そうでない人ならばそうならない。

意識している訳ではないけれど、自然とそうなるんですよね。

 

地方出身の人が地元に帰ると無意識に方言で、東京では仕事で無意識に標準語で話してる、みたいな感覚だと思います。

 

なんかこうやって言って見るとすごく英語の達人の域に達しているような表現ですが、別にそこまででもないけど、それでもそんな違いが出る。

 

カリフォルニア独特の話し方ってなんじゃ!?

と気になる方もいると思いますが、語尾に向けてトーンが上がって行きます。

ああ、文章じゃあ表現できない…

なんて言うか、初めて聞いたときは東北弁と少しトーンがにてるな、って思ったんですよね。標準語のように語尾が収まるところに収まらない感じ。

 

 

さてさて、

今日は今から飽きるまで勉強してあとはジムにいこーっと。

あ、結局EQUINOXに入りました。

無料の2回のパーソナルトレーニング体験を終えたところです。

カウンセリングの時にイケメントレーナーに、インスタで見つけたボンキュッボンのオネエちゃんの画像を見せて、これがゴールです!と表示。

こうなれるようにトレーニング組んでください!と前のめり。笑

 

こう言うこと恥ずかしげもなくできるのは、アメリカだからかな。これが日本のジムなら、自分の姿鏡見たことありますか?って思われそうで多分見せないと思う。笑

日本人の方が体型にバラエティーが少ない分、シビアな感想抱かれそうなイメージがあるんですよね…。

ここでは、巨大なお姉さんがアリアナグランデを目指していた理、ガリガリなお姉さんがビヨンセを目指していた理、が普通にありえます。

 

以前宣言したプリケツ大作戦は謎にそこから7キロほど痩せてしまったせいで現在マイナススタート。なんで日本にいる時みたいに簡単に太れないのかは謎だけどいつかミスブンブンみたいになれることを目指して!(いやそこまでは望んでない)

 

ではでは

HAVE A GREAT DAY!!

 

関連記事