Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして。

歯科医師としてロサンゼルス滞在中。生活の中でポロリと出た独り言を呟きます。

You deserve more than that!

こんにちは

 

前からよく思っていたのですが、よくガールズトークで出てくるセリフ。

You deserve more than that!!

 

これって、日本であまり聞かないなあって。

訳すると、「あなたにはもっと価値があるわ!」みたいな。

「あなたには勿体無いわ!」みたいな。

 

ある女子が彼氏が喧嘩して、それを他の女子に愚痴ると大体このセリフが飛び交う。

日本で言ったら、「マジ最低、そいつ、そんなヤツやめなよー」

っていうシーンですね。

もちろん、アメリカ女子たちも、そんな最低なヤツさっさとやめた方がいいよー、とはいうのですが、日本の女子で「あなたにはもっと価値があるわ。」とアドバイスする方はどれくらいいるでしょうか。

 

なんというか、日本人女性って自己評価が低い人が多いですよね。アメリカでも男性より女性の方が自己評価が低いというデータがありますが、日本人女性はさらに低い気がします。

 

たとえ自分に自信があっても、それを見せないよういすることが美徳、という文化です。

自己評価が低いせいか、人を褒めることも少ないような気がします。

アメリカ人はよく人を褒めます。

多分、本気で褒めてはいないんです。

ただ、コミュニケーションの一つとして人を褒める。

褒められて悪い気がする人はいませんからね。

 

とくに女の子同士はやたらめったら褒めあいます。

有る事無い事言って褒める、大げさなリアクションをとる、周りがあたりまえにそれをやっている中で、一人それをしないと、冷たい人、という印象を持たれるかもね、とアメリカ人の友人から女の子の間で生き残る術レクチャーとして教えてもらいました。

 

これは言われて初めてそうだったのか!!と気づいたことですが、これも文化の違いですよね。日本でそれをやると下手すりゃなんか嫌味な奴に見えたりしますからね。

 

 

よくアメリカ人に聞かれる質問があります。

日本語で、女性に「You look beautiful today」って褒める時になんていうの?

と。

彼らはナチュラルな日本語が知りたいのでしょうけど、私はいつも答えに困ります。

「今日は綺麗だね。」かな。今日は、ってつけるとなんか違和感あるけど、まぁいいか。

 

や、まて、そんなこと今まで言われたことあるか…?

せいぜい「かわいいね」か。

わからん。

言われたことないからわからん。

 

しかし、この一年半で何回アメリカで、「You look beautiful today!」と言われたことか。

男性も女性からも。

いつもと違う雰囲気の洋服を着ていたり、違うメイクをしていたり、または何もいつもと変わらなくっても、この言葉は飛び交います。別にこの言葉をもらうために、私がすごく綺麗である必要はないのです。ちょっとした変化を褒める言葉としても使われるから。

 

またある時、外国人の友人に

「日本人ってなんていうか、丁寧な人が多いじゃない。みんなジェントルマンなのかと思ってた」と。

 

「ジェントルマンであれ、という感覚はあんまりないかもね。会社の取引先にはとても丁寧かもしれないけど、女性にはあまり気を使える人は多数派ではないね」

と言うと、ふーん、と不思議そうな顔。

「じゃあ、いったい日本人女性は男性に何を求めているの?」

と聞かれた質問も頭を抱えてしまいました。

 

包容力…?

安心感…?

気があうかどうか…?

財力…?

 

 

といくつか例をあげましたが、なんかしっくりこないな。

 

 

以前にも記事にした、5 language of love、のうち私が重要と思うもののうちの一つはこのaffirmative word, そしてphysical touch。これがしっかり出来る日本人は私調べだと10%です。

(エビデンスレベル: 地下3階)

そして、その10%は相当モテます。

別にイケメンである必要はない。

 

自分に自信をもたせてくれて、幸せな気分にしてくれる人がモテるのは当たり前ですよね。

日本人男子よ、モテたいなら女性をもっと褒めたまえ!!

と声を大にして言いたいです。

 

 

 

ではでは、皆さん

have a wonsderful day!!