Dr. Chloeのロサンゼルスに恋をして。第二章

歯科医師としてロサンゼルス滞在中。生活の中でポロリと出た独り言を呟きます。

K1からGCへ

さて、今日はビザ関係のこと更新しておこうと思います。

自分の記録にもなるので。

フィアンセビザからグリーンカードまでの書類申請のお話です。

関係ない人にとってはただのアルファベットの羅列ですが、関係者にとってはこのタイムライン、きになると思うのでシェアです。

 

ここまでのタイムライン

2019年

12月18日 K1ビザで入国

2020年

1月22日 Beverly HIlls City Hallで結婚 

1月29日 1週間部屋にこもってGC申請書類(I-131、I-765、I-485)を作りUPSへ

      (GCと一緒に就労許可証と渡航許可証も申請)

1月30日 UPSからUSCICに配達完了

2月18日 G-1145を提出しているので書類を受け取りましたと7-10日ほどでくると聞いていたのですが、3週間弱かかってやっとテキストがきた。これが届くまでは不備があったかと心配でやっぱり弁護士やとえばよかったかと後悔してました。笑 その後1−2週間で受理の証明書であるNOAも届きました。

3月10日 GCと就労許可のバイオメトリックス。ラブレアで写真と指紋をとりました。予約は8時。朝一でやってもらったため、待ち時間ゼロで8:10にはセンターを後に。

3月23日 来週、渡航許可証のバイオメトリックスです。一回でやってくれよ。また指紋採って写真取るだけのためにラブレアまで行くのか。同じ指紋だっちゅーの。

 

まあ、とりあえずこんな感じです。

順調…なのかな。

渡航許可証、とっても渡航できない気がするけど…コロナの影響で^^;

 

あ、一つ失敗。

GC申請書類に、SSNの申請をGCと一緒にしますか、ってあったから、これでSSN申し込んだことになってるんだと思ってそのうちSSN来るでしょーと思ってたら、これは別に申請しなくてはいけないよう。

後から気が付いて、SSNオフィスに行った時には入国してから3ヶ月近く経っていたので受け付けてもらえませんでした。

3ヶ月近く、というのは、3ヶ月でアウトなので、その14日前には申請しなくてはいけなかったよう。私はその6日前にオフィスに行ったので、申請できませんでした。。。就労許可が降りたらEADカード持ってまたきてね、だって。二度手間ー(涙)

 

このあとは、二人で面接して終わりです。

面接のためにまた色々用意するものがあるよう?

おそらくここから3−6ヶ月後に面接だと思うので、ゆっくり下調べします。

 

今日は自分の備忘録ブログでした。

私も超ーーーーーー色々な方のブログを見て書類申請したので、このブログにも誰かがたどり着いて参考にしてくれること間違いないとわかっているので記しておきます!

わけのわからん、胃に悪いビザ関係、申請しているみなさん、みんなで一緒に頑張りましょう!

 

ではではみなさん、

Have a wonderful day!